09.png
09

​冷たい珈琲のためのコンサート

 時折、小説の中に登場する、こういったユーモアのあるフレーズは、多くの人々にとって、珈琲は単なる飲み物ではないということを思い出させます。時には人生を彩る存在として、時にはコミュニケーションの必需品としての役割を果たす珈琲の在り方は、音楽に通ずるところがあります。珈琲のように身近で、依存してしまうような!? 音楽を、美味しい珈琲と共にお楽しみください。

 

 本公演は、NARAYA CAFEに4種類ある冷たい珈琲からお好きなものをご注文していただくと、より一層楽しむことができます。

開演:11:00

会場:NARAYA CAFE

入場:無料

曲目

ドヴォルザーク:《8つのユーモレスク》より 第7曲

シューマン:《子供の情景》より第1曲〈見知らぬ国と人々について〉、第7曲 〈トロイメライ〉

ピアソラ:《リベルタンゴ》

     《天使の死》

モンティ:《チャルダッシュ》

アイルランド民謡:《ロンドンデリーの歌》

出演

北澤華蓮(ヴァイオリン)、水野翔子(コントラバス)、陶旭茹(ピアノ)

​出演者プロフィール

「コーヒーがあるかぎり、物事が悪くなるはずがない」

  “As long as there was coffee in the world, how bad could things be?” 

― Cassandra Clare, City of Ashes

 

カサンドラ・クレア 『灰の街』より引用

12 北澤華蓮「©︎euglena」を記載する必要あり.jpeg

北澤華蓮(ヴァイオリン)

 

長野県佐久市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。都立総合芸術高校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。

2017年ベルギーにて、ワロニー国際音楽アカデミーマスタークラスを受講し、ファイナルコンサートに選抜され出演。

大学在学中、ワークショップグループ「ずーぱ!」として鳥取県・長野県にある小学校で音楽ワークショップを行う。

制作グループ「ゆめいろさがし」として朗読音楽絵本「ナナ」の制作・舞台上演に携わる他に、アーティスト・コレクティブ「あちらこちら」のメンバーとして様々な場所でパフォーマンスを行うなど、幅広く活動する。

現在、演奏活動を行いながら、都立総合芸術高校音楽科非常勤講師を務める。

©︎euglena

水野翔子(コントラバス)

 

横浜市育ち。

4歳からヴァイオリンを森川ちひろ氏に師事。

12歳からコントラバスを始める。

神奈川県立湘南高等学校卒業。

東京藝術大学音楽学部器楽科コントラバス専攻卒業。

これまでにコントラバスを岡本潤、吉田秀、西山真二、池松宏の各氏に師事。

ヴィオラ・ダ・ガンバを福澤宏氏に師事。

オーケストラへの客演を中心に、吹奏楽、室内楽、新曲初演やガンバでの演奏も積極的に行っており、編成やジャンルに捉われず幅広く活動している。

アーティスト・コレクティブ「あちらこちら」メンバー。

13 水野翔子「©︎Ayane Shindoj」を記載する必要ありpg.jpg

©︎Ayane Shindo

26 陶 旭茹.jpg

陶旭茹(ピアノ)

 

中国上海出身。神奈川県立神奈川総合高校を経て、東京音楽大学ピアノ科を卒業。

在学中ウィーン国立音楽大学夏期講習会に参加し、ディプロマ取得。学内演奏会やピアノ科卒業演奏会に出演。これまでに、尾形敏幸、関根有子、梅根恵に師事。

一般社団法人ユースクラシック代表理事。神奈川県住宅供給公社団地共生プロデューサーを務め、地域に密着するイベントやコンサートに取り組んでいる。

2016年より、地元上海での活動を始め、上海音楽庁や上海大劇院にてコンサートを開催。2018年には雲南省の昆明でも日中友好コンサートを実施。日中音楽教育機関の交流活動や神奈川県、横浜市での音楽交流に取り組んでいる。